ブログ

発想の転換でプラス思考へチェンジ

発想の転換

医療法人hi-mexスタッフの大道知美です。

当院の終礼は、気持ちを前向きにして一日を終えるという時間にしています。
「ハッピー&サンクス」というテーマで、その日の出来事をプラス発想してひとことずつ発言します。その日の自分を振り返りましょうと言われると、大体の人は反省する傾向にあるところをうまくプラスにもっていくことで、気持ちよく一日を終えることができます。
「ハッピー&サンクス」はそれがねらいです。

ある日の「ハッピー&サンクス」

ひとりの新人事務スタッフが「お会計時にミスをしてしまい、みなさんにご迷惑をかけてすみませんでした。今後このようなことがないように気をつけます」と言いました。でも、終礼はハッピーかサンクスで終わるルールです。周囲のスタッフから「えー!それで終わり!?そこからの〜???」という声があがりました。
すると、その事務スタッフは「早いうちにミスをすることでこれからきちんと気をつけようと思うことができたので、今日この経験ができてハッピーです」と言いなおしました。

これこそ発想の転換です。
BADなことをGOODに変えるエネルギーがとても大事で、そのエネルギーは脳の活性化にも影響するのではないでしょうか。
脳が活性化すれば、表情もイキイキとして若々しく見えますし、頭の回転も速くなるので、意欲や判断力が高まるだけでなく心も体もイキイキとしてきます。結果いい仕事ができ、いい生活が送れることにもつながります。

失敗は成功のもと

ほとんどの人が知っていることわざです。
失敗からなにかひとつでも学べばそれは成功に繋がることになるのだから、一度や二度の失敗でくじけるべきではない、という教えです。
誰だって失敗するのは嫌だし、子供のころから「失敗してはいけない、間違いをおかしてはいけない」と教育されているので、常に失敗を恐れないという考え方はそう簡単にできるものではありません。ですが、ちょっとした発想の転換ができるようになれば「失敗は成功への通過点」と前向きに捉えられるようになります。

終礼時に見事に切り替えた彼女は、芯をもった素敵な女性として美しく生きています。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る